板谷由夏の自宅の場所は葉山一色?子供の学校は?旦那の実家は岐阜の美濃?

ドラマ『母になる』や映画『3月のライオン』などに出演し、その素晴らしい演技力で活躍をしている女優の板谷由夏さん。

その演技も注目されていますが、やはり42歳とは思えない美しい姿というのも彼女が注目を集める理由ではないでしょうか?

そんな板谷由夏さんも現在は二児の母親ということですが、家族で住んでいる自宅の場所とはどこなのか気になります。

また、子供の通っている小学校や幼稚園、そして旦那の実家についても見てみましょう。

板谷由夏の自宅の場所は葉山一色?

冒頭にも書いたように、板谷由夏さんといえば女優として数々のドラマや映画に出演をしていますね。

出典 https://matome.naver.jp

最近ではドラマ『バイバイ、ブラックバード』などに出演をしており、2018年8月に公開予定の映画『SUNNY 強い気持ち・強い愛』にも出演予定となっているそうです。

出典 https://www.pinterest.jp

そんな活躍を見せる板谷由夏さんですが、なんでも自宅が葉山一色辺りにあると噂されています。

では、彼女の自宅がある葉山一色とはどんなところなのでしょうか?

葉山一色とはどんな場所?

板谷由夏さんの自宅がある場所は、葉山一色辺りだというがあるようです。

葉山と聞いてピンとこない人もいると思いますので、詳しい住所を見てみると『神奈川県三浦郡葉山町』だということがわかりました。

出典 http://photozou.jp
※一色海水浴場

なんでも自然が豊かな地域ということで、特に一色海岸というのは世界的に有名な海水浴場として知られているのだとか。

ということは、夏には海を満喫する人で大賑わいになることでしょうね。

もちろん海水浴場としてだけではなく、その景色も素晴らしいということで別荘地としてこの葉山町を選ぶ人もいるそうです。

神奈川県ということで東京からも近く、そして自然豊かな場所ということでゴチャゴチャした都会の疲れを癒やしたいと言う人が選ぶのだと思います。

出典 https://www.instagram.com

板谷由夏さんは芸能人ということで、やはり東京での仕事というのがメインになってくることでしょう。

神奈川県なら東京へ行くのも簡単ですし、やはりこういった静かで自然のある場所でゆっくりと心と体を休めたいと思って葉山町に自宅を建てたのかも知れません。

また、お子さんを自然に触れさせて育てたいという母としての願いもあったと思います。

しかし、板谷由夏さんの自宅が葉山一色辺りというのはあくまでも噂ということで、本当だとは言い切れません。

それでも彼女のInstagramなどを見てみると、かなり緑の多い場所だということがわかります。

出典 https://www.instagram.com

他にも神奈川県逗子市という噂もあるようですが、やはり神奈川県三浦郡葉山町というのはあながち間違っていないのかもしれませんね。

どんな自宅に住んでいるのか?

板谷由夏さんの自宅の場所については、神奈川県の葉山町という噂となっていますが、彼女や家族はどんな家に住んでいるのか気になります。

残念ながら自宅がわかるような画像というのは見つかりませんでしたが、板谷さんが投稿しているInstagramの写真で自宅での様子がわかるようです。

出典 https://www.instagram.com

まずはダイニングですが、どうもパーティーをした時の写真だそうです。

かなりの人数がいるようですが、それでもスペースにだいぶ余裕があるのがわかりますね。

ということは、ダイニングだけでもかなりの広さだということがわかりました。

次に板谷由夏さんが自宅の庭だと言われる写真があります。

一瞬「どこかの植物園?」なんて思いましたが、どうもこれが自宅のお庭だそうです。

それにハンモックもあるということで、板谷さんはハンモックに揺られながらお昼寝しているのかもしれません。

出典 https://www.instagram.com

優雅にハンモックでお昼寝をする板谷由夏さん、想像するだけで絵になりますね。

こうなると気になるのが自宅の値段ですが、さすがにそこまでは公開していませんでした。

これは私の勝手な予想ですが、やはり土地代と建設費なども含めれば億は超えると思います。

イメージ画像

また、最近では自宅をリフォームしているということなので、更に家が広くなったり住みやすくなっていることでしょう。

きっと葉山町の中でも一等地と呼ばれる場所に、板谷由夏さんの自宅はあるのでしょうね。

子供は小学校と幼稚園?

現在は二児の母となっている板谷由夏さん。

妻や母として家のことをしながら女優としても活躍しているとなると、毎日が大変だと思います。

出典 https://matome.naver.jp

しかし、それでも仕事をこなしているということですので、改めて板谷由夏さんが凄い人なのだと感じますね。

きっと子供が何人増えても、板谷さんは立派に母親と女優を両立することでしょう。

さて、そんな彼女の子供について、小学校や幼稚園が気になりますね。

では、まず長男から見てみましょう。

最初に名前なのですが、こちらについてはどちらのお子さんも非公開となっていました。

出典 https://www.instagram.com

芸能人の中には子供の名前を公開する人もいますが、やはりお子さんのことを考えると公表しない方が良いという考えが板谷さんにはあるのかもしれませんね。

なので、名前についてはわかりませんでした。

長男の年齢は2008年6月生まれということで、今年(2018年)には10歳になります。

ということは小学4年生になるのではないでしょうか?

そして気になる子供の小学校ですが、こちらも板谷由夏さんは公表をしていません

しかし、インスタグラムでは入学式の様子が投稿されており、スーツにネクタイという服装で出席をしているということがわかりました。

出典 https://pinky-media.jp

公立ならスーツにネクタイなんて服装はほとんどないと思いますので、長男の通う小学校は私立ではないかとネットで噂されているようです。

そしてその噂によると、長男は和光学園に通っているのでは? と言われています。

和光学園といえば多くの芸能人のお子さんが通う学校として知られており、個性を大事にする校風として有名です。

また、芸能人という仕事をしている親に対しても理解がある学校ということで、この学校へお子さんを入学させる人が多いと言われています。

出典 http://mint-laboratory.com

板谷由夏さんも芸能人ということで、もしかしたら息子を和光学園へと入学させている可能性は高そうですね。

次に次男について見てみましょう。

次男は2012年8月に生まれたということで、今年で6歳になると思われます。

出典 https://pinky-media.jp

男の子で6歳なら、きっとヤンチャ盛りでしょうね。

年齢的に幼稚園ということですが、兄である長男と同じ学校かな? と思ったのですが、どうも次男は成城学園ではないかと言われているようです。

この成城学園芸能人のお子さんが通っていることで有名ですね。

兄弟で別々の幼稚園・小学校に通うというのは別におかしいことではありませんが、やはり同じ学校に通っている考えている人もいるようです。

出典 https://pinky-media.jp

長男と次男の通っている場所についてはあくまでもネットでの噂ですので、もしかしたら同じ幼稚園や小学校だという可能性もありますね。

板谷由夏さんの2人の子供について、ハッキリとした名前や顔などはわかりませんが、彼女のインスタグラムにはすくすくと成長する我が子の姿が投稿されています。

年齢的にもヤンチャで育ち盛りということで、きっと賑やかで楽しい家庭だということが画像から伝わってきますね。

旦那の実家は岐阜の美濃?

板谷由夏さんは2007年2月22日スタイリストとして活躍する吉田ひろひこさんと結婚をしました。

出典 http://芸能人の実家住所まとめ.com

旦那との馴れ初めはわかりませんが、女優とスタイリストなら仕事で一緒になったというのがきっかけではないかと思います。

そんな旦那である吉田さんですが、生まれは岐阜県の美濃市だそうです。

美濃市といえば歴史ある町並みや『小倉公園』や重要文化財となっている『美濃橋』といった名所、『美濃まつり』や『大矢田ひんここまつり』といった祭事があることで有名ですね。

出典 https://blog.goo.ne.jp

そんな岐阜県の美濃市出身という旦那さんですが、ここに実家があることは間違いないでしょう。

しかし、さすがに実家の場所というのは公開していませんでした。

それでも歴史のある街ということもあり、きっとである板谷由夏さんや2人のお子さんを連れて美濃市の街を訪れたことはあるでしょう。

出典 http://buzz-press.com

きっと素晴らしい町並みなどに、板谷さんもお子さんも感動したのかもしれませんね。

旦那と離婚して死去?

2人のお子さんに恵まれた板谷由夏さんと夫の吉田ひろひこさんですが、なぜかネットでは2人が離婚』とか『旦那が亡くなった』なんてがあります。

出典 http://芸能人の子供情報.com

もし本当だったら大変なことなのですが、どうもこの噂はただのデマのようです。

では、なぜそんな話が広まっているのか? これはどうも板谷由夏さんのインスタグラムに秘密がありました。

板谷さんのインスタグラムを見てみると、自身の日常や子供についての投稿が中心となっています。

出典 https://www.instagram.com

また、井川遥さんや中山美穂さん、そして綾瀬はるかさんや石田ゆり子さんといった女優仲間との写真というのも投稿されており、板谷さんのファンだけではなく他の女優のファンもその投稿を楽しみにしているようです。

しかし、その投稿をしっかり見ていると、どこにも旦那が映っていないことに気が付きませんか?

そう、この『旦那が映っていない』というのが、離婚や死去という噂に繋がってしまったようなのです。

出典 http://芸能人の子供情報.com

確かに旦那について書かれていなかったり、姿が映っていないとなればファンとして不仲を想像してしまうのはあたりまえかもしれません。

もちろん、旦那である吉田ひろひこさんとは離婚をしていませんし、亡くなってもいませんのでご安心ください。

これからもお互いを支えながら良い夫婦でいてほしいですね。

板谷由夏はこれからも美しい!

今でもその若々しい姿から、どこからどう見ても板谷由夏さんが二児の母親になったとは思えませんね。

出典 https://www.pinterest.jp

髪型ロングの時期も素敵なのですが、ミディアムヘアやショートにしても板谷さんの魅力というのはかわりません。

また、髪型を前髪パッツンにしても、逆に目元などが強調されて更に素敵です。

出典 http://trend1128.com

きっと彼女の魅力というのは、どんな髪型や年齢でも変わらないのでしょうね。

美しさといえば、板谷由夏さんが出演している『欲望』という映画があります。

よく『欲動』と間違えられるそうですが、欲望が正しいタイトルです。

この映画はR-18指定、要するにちょっとセクシーな映画ということなのですが、いろいろと修正はされていますが、板谷さんの演じるシーンというのが凄いと言われています。

出典 http://芸能人の子供情報.com

何が凄いのかは詳しく書きませんし、R-18ということもありますので、気になって調べる方は注意してくださいね。

そんなオシャレで美しい板谷由夏さんですが、ファッションブランドである『sinme(シンメ)』というのを立ち上げています。

ファッションブランドなのでバッグとかアクセかな? と思ったのですが、どうも洋服がメインのブランドのようです。

出典 https://www.instagram.com

それでも彼女が立ち上げたブランドということもあり、多くの女性が注目しているのだとか。

残念ながらsinme(シンメ)は店舗がないということで、通販での販売が中心となっているようです。

それでも展示会などで店舗を出しているという話もありますので、気になる方はネットで情報をあつめてみてはいかがでしょうか?

まとめ

最後にまとめますと

    • 板谷由夏の自宅の場所は葉山一色?
      板谷さんの自宅は神奈川県の葉山町という噂があります。
      その自宅は大人数でも利用できるダイニングや、広々とした庭が広がっていることがインスタグラムでわかりました。
    • 子供は小学校と幼稚園?
      子供の名前はわかりませんが、長男と次男がいます。
      小学校・幼稚園については和光学園や成城学園という話がありますが、正式に公開をしているわけではないので、あくまでもネットの噂と考える方がいいでしょう。
    • 旦那の実家は岐阜の美濃?
      旦那はスタイリストをしている吉田ひろひこさんで、2007年2月に結婚をしています。
      出身地は歴史ある町並みや伝統のある岐阜県の美濃市ということでした。
      また、ネットでは旦那との離婚や死去という噂がありましたが、こちらはデマ情報なのでご注意ください。
    • 板谷由夏はこれからも美しい!
      インスタグラムでは私服などのプライベートな姿や、女優仲間とのひとときを板谷由夏さんは投稿しています。
      また、ファッションブランドを立ち上げており、多くの女性が彼女のブランドに注目をしているそうです。

女優でありながらも妻であり、そして母でもある板谷由夏さん。

家庭と仕事を両立させるのは難しいことだと思いますが、それを続けている彼女の頑張りというのは多くの人に伝わっていると思います。

これからも女優として素晴らしい演技、そして家庭では良き妻と母であってほしいですね。



スポンサーリンク

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

スポンサーリンク
Copy Protected by Chetan's WP-Copyprotect.